シェアハウスで東京に住まうと言う決意

夢を求めて裸一貫で東京に上京してくる人も、平成の子のご時世でもちゃんといらっしゃいます。自分の目的の為にお金を使いたいから、普段の生活はなるべく質素にしたいと言う方もいらっしゃいます。何のコネもないので、せめて人の集まる場所で暮らしたいと言う方もいるでしょう。一昔前の学生さんの生活スタイルの一つでもあった、下宿に似た感覚で、気の合う、目的や志を同じとした人々で共同生活を行いながら暮らすシェアハウスと言う方法で、都心に暮らす人も増えてきています。何と言っても公共料金やガスや水道のライフラインなどの料金が、みんなで分割して支払えるので、生活費を安く上げる事が出来るのも大きな魅力の一つです。生活が軌道に乗るまで、ある一定のスパンだけ、ひとまずシェアハウスで東京暮らしを行うと言う方法も選択肢のひとつとしてはありでしょう。

シェアハウスは東京の住宅事情にあっている

東京で生活すると家賃が高くて大変だといいます。確かにワンルームタイプでも高額では家計に負担が大きいです。だからといって、家主側にも家賃を下げれない事情というものがあります。そのために双方のメリットを考えて最近、増えてきたのがシェアハウスです。シェアハウスはキッチン、お風呂、リビングなどを第三者と共同するというモノです。なので、その分だけコストが抑えることができます。コストが下がるということは当然、家賃も安くすることができるというわけです。正直、施設も最新式にすることも可能です。さらに家賃が安くなると借りやすくなるメリットがあります。確かに第三者との共同施設が増えます。人によってはわずわらしいと感じるかもしれません。しかし、見方を変えると共同施設が増えるおかげで人とのつながりが増えます。人とのつながりが広がることによって生活に張り合いが出てくるかもしれません。

シェアハウスが東京に多い理由は何か

シェアハウスは東京に多くなっています。その理由は様々なことが考えられます。まず、外国人が多くやって来るという点が挙げられます。外国人が一般的な賃貸アパートやマンションに住むのは大変です。保証人が見つからないことがあるからです。そんな時にシェアハウスが役立ちます。複数名で契約できるので、家賃の負担も軽くなるからです。また、契約期間も短くて済むことがあります。一時的な仮住まいとして契約できるところも多いので、まさに打ってつけの住まいです。もちろん、日本人にも適しています。東京に進学や就職で出てくるという人も居ます。初めての一人暮らしは経済的に大変です。そんな時にシェアハウスは役立ちます。同じような条件の人たちでシェアすれば、かなり楽に住めるからです。基本的には外国人が日本にやって来て住む場合と同じです。